うつ病の知識を理解して、少しずつ向き合う心を育てよう

身近にあるうつ病

遠くて近いのがうつ病です

うつ病は現代人にとっては既に有り触れた病気ですので、自分の知人がうつ病を発症してしまったなんていう経験をしたことがある人もいるのではないでしょうか。 うつ病の方は感情の起伏が激しく、ときに場所を選ばず突拍子もないことを要求してくることもあれば、普段は周りに溶け込んでいて普通の健常者なのに、1人になったら急激に不安になって泣き出すような人までいます。 自分にとっては対したことがないと思ったことでも、うつ病の方にとっては非常に心に刺さる言葉であったりする場合があります。 特に自傷癖を患っている人の場合は実際に目に見える形で自身の苦痛を示してくるので注意が必要です。 接し方一つで望ましくない事態を防ぐことができますので用心しながら接しましょう。

接し方は難しいようで、そうでもない

うつ病という精神疾患を患っている人との接し方が分からない、もしくは接し方がどうこう以前に面倒くさいと感じる人もいるかもしれませんが、接していくうちに相手の心の特徴を掴んでいくことができますので大丈夫です。 特に言われたくない言葉や、どのようなときに精神が滅入るのかなどを把握すれば自分から問題が発生するのを防ぐことができますし、相手が癇癪を起こしたときには上手に宥めることも可能になります。 結局は人と人との付き合いなので相性が大切になることは間違えありません。 特にうつ病を患っている方の場合は不安が強くなった際に極端に寂しくなる場合が多いので、できるだけ近くに居て寄り添ってあげることが大切です。 接し方は人によって違いますので、必要ならその相手に最適なものを選択しましょう。