うつ病の知識を理解して、少しずつ向き合う心を育てよう

社会問題となっている

うつ病という病気について

今や社会問題の1つと見なされることのある病気が、うつ病です。うつ病とは、脳の働きが深く関連した病気です。脳内には、様々な神経伝達物質が存在します。これらは生きていくために欠かせない役割を担っており、神経伝達物質の指令により全ての行動が正常にコントロールされているのです。しかし、過度のストレスなどが原因で、神経伝達物質の働きが乱れることがあります。それこそが、うつ病発症の原因になると考えられているのです。 うつ病は、誰もが発症する可能性のある病気と言われています。自身が発症する可能性があれば、家族や友人が発症する可能性もあるのです。このような場合に備え、うつ病について正しい知識を持っておくことが大切です。これらの情報は、専門書やインターネットなどでも収集することができます。まず、うつについて知ることが重要です。

正しい接し方について

家族や友人がうつ病を発症した場合、どのように接することが良いのか分らないものです。そこで、うつ病患者への接し方について、そのテクニックを紹介します。まず、聞き上手になることです。うつ病を患っている人は、自己否定や罪悪感を強く抱いています。なので、否定的なことを決して口にせず、相手に対して肯定的な態度を持ち、理解と共感を示す接し方をすることが肝心です。さらに、冷静さを欠かせないことも大事なテクニックです。うつ病の人は感情的になる場合があります。その感情に巻き込まれず、冷静な接し方を心がけることが重要です。そして、励ましの言葉をかけないことです。多くの人が謝りがちと言われるのですが、励ましはプレッシャーになるのです。 正しい接し方について不安な場合は、接し方について相談に乗ってくれる場所もあります。カウンセラーなどが在籍し、費用は3000円から5000円ほどとなっています。