うつ病の知識を理解して、少しずつ向き合う心を育てよう

眠れないをゼロにしよう

様々な取り組みがある

今ではうつ病患者に対して様々サポートや取り組みが行われています。特にうつ病患者に対する接し方のセミナーなどは全国でも様々な場所で行われています。接し方を知ることによって、うつ病を改善させる手助けとなります。

READ MORE

周囲からサポート

うつ病は脳の神経伝達物質に異常が発生した時に心身に影響して発症します。うつ病患者は年々増えてきているので、もし周囲にうつ病にかかる人が出てきた時の為にも病気や接し方について理解しておくことが大切です。

READ MORE

社会問題となっている

うつ病は今ではその患者の多さから社会問題としても取り上げられるようになっています。自分や自分の周りは大丈夫という考えは捨てて、うつ病患者に対する接し方や対応は誰もが理解しておくことが大切です。

READ MORE

身近にあるうつ病

うつ病は今では身近な病気の一つといえますが、改善させる為にも周囲の協力が大切で、特に接し方は重要です。うつ病患者への接し方は、できるだけ相手への理解をした上で受け入れてあげることから始まります。

READ MORE

ペースをあわせる

うつ病患者は自分の気持ちが不安定ということに気付いてるので、周囲の人もそれを理解した上で、患者にペースをあわせた接し方をする必要があります。特に黙って寄り添って上あげることは非常に大切です。

READ MORE

接し方や対応

うつ病の接し方がわからないという方は、コチラのサイトで正しい接し方の知識を手に入れておきましょう。

男性の友人との接し方について

自分ではなく、身近な人がうつ病になったときに、知識がないとどういった対応や接し方をしたらいいのか分からなくなります。そのため、事前に知識を持っておくことはとても大切です。家族や友人がいつもと違う、うつ病に見えると感じたら、まずは相手が安心できるような場所づくりや体制づくりを行っていきましょう。悩みを打ち明けやすい環境を整えてあげれば、本人から何か話をすることもあります。もし口数が減って、何も話さないようであれば、話す内容に否定せず、しっかりと話を聞いてあげることが大事です。無理に話をさせる必要はないですが、誰かに話すことで、気持ちを楽にしてあげることが出来ます。うつ病かどうか、始めのうちは判断がしづらいですが、接し方を間違えないように、相手に対して優しく接していきましょう。

うつ病カップルについて

うつ病のような症状に見えた時の接し方として、話を聞くだけでなく、病院を進めることもとても大切です。そのままの状態で、回復に向かうということは少ないのが現状です。そのため周りが異変に気付いた時点で、うつ病といった具体的な病名を出すのではなく、体のことを考えて病院を受診するように促しましょう。嫌がった時には、まず家族や周りの人のみで病院に行って、医師に相談するという方法もあります。話すのと同様、無理やりというのは逆効果になることもあるので、注意が必要です。うつ病は、ときに自らの命を落とそうとする行為に発展することもあります。だからこそ、周りの人の接し方や対応が迅速で、かつ的確であることが求められるのです。

うつ病の症状の人との接し方

うつ病になると、悲しいことがあったときに憂鬱な気分になったり、家族の不幸があり数日間は何をする気にもなれなかったりといった、誰もがなるような心に小さな傷を負うこと以上の重い症状が起こります。うつ病になった方の多くは自殺願望、死にたいという気持ちを持っています。また仕事や学業への意欲がなくなったり、食欲がなくなったり、憂鬱な気持ちがずっと続くなど様々な症状があります。そのため、うつ病の方への接し方としてまず意識したいのは、話をよく耳を傾け、「私はあなたの気持ちが理解できる」「私もそう思う」など理解と共感を示すようにしましょう。人としてより寛容になり、気持ちを落ち着かせて接するように努めましょう。あなた自身の感情をうまくコントロールすることで冷静な接し方ができるようになります。

思いやりを持って接しましょう

よく間違った接し方として代表的なものは、うつ病の人を思う気持ちから励まそうとすることです。しかし、うつ病の方は励まされると、その期待に応えられない自分自身を惨めに思ってしまい、自己嫌悪に陥ってしまいます。その結果、さらにうつ病の症状を重くすることになりかねません。また、何かの決断を求める行為や、何を考えているか分からないからといって、「将来のこと何も考えてないじゃない」といった言葉を発することは逆効果です。まずはゆっくり心身ともに休める環境を家庭の中で整えましょう。うつ病の方は、自分なりにどこかで生きる希望を持っているものです。本人の気持ちがとても敏感になっていることを察して、言葉や態度、接し方に気をつけることが大切です。